鉄道模型はどんなもの?

18年06月29日

レール鉄道模型とは、言わずと知れた鉄道のミニチュアになりますが、縮尺とゲージで種類があります。ゲージとはその鉄道を走らせる幅の違いのことです。鉄道模型を買ったことがある人なら、Nゲージというのは聞いたことがあると思いますが、それは、レールの間隔が9㎜で縮尺1/148~1/160の鉄度模型規格の総称です。Nゲージは英語の9、すなわちNineからきています。レールが9ミリということは、小さな家でも置くことができますので、限られたスペースで鉄道模型を堪能できます。

テーブルの上で遊べるのがTTゲージです。日本では、TTゲージは生産されなかったものの、tt-9という規格が登場し、すでにあるNゲージの線路が使用可能になり普及してきました。ほかにも、すごく小さなZゲージは、これ以上小さいものは登場しないだろうということからその名がつけられました。これは、縮尺220分の1で、気軽に持ち運べるトランクにレールやジオラマを作りこむトランクレイアウトという楽しみができました。他にも大きなGゲージなどもあります。

いずれにせよ、歴史とともに各車両の精密さも格段にアップしており、そして実際には白洲皓もできることから、多くのファンに支持されています。

鉄道模型と買取

18年06月28日

女性今や子どものみならず大人も鉄道に夢中になる人が増えています。そのなかで鉄道模型コンクールが開かれたり、日本各地に鉄道博物館などがオープンしたりするなど、鉄道ブームはとどまるところを知りません。鉄道と言えば、やはり男の子や男性が中心になっていましたが、最近ではいわゆる「鉄女」と呼ばれる女性の鉄道ファンも増えています。

そのなかで、ファンが夢中になっているのが鉄道模型です。鉄道模型は、かなりいろいろなバリエーションがあり、指先でつまめるようなサイズから、実物の数分の一まで、ある一定の尺度で決められているもののさまざまな大きさのものがあります。鉄道模型とは、単なる実物より小さい鉄道だけを指すのではなく、線路や駅、その周りの風景も含めてその世界観を全体で楽しむことができます。

鉄道模型の特徴は、ほかのフィギュアや模型と違って、線路と車両が対になっていることやある程度の大きさに規定されていることが特徴です。そのため、コレクターの中でも集めやすいことが特徴です。国ごとに規格がありますので、同じ規格のものを集めればそれだけでジオラマの世界を堪能することができます。

鉄道模型を売ろうと思った場合、専門店であればコレクターも多いため高価買取が期待できます。セットで一度に売ることによって、それなりに高価格になりますし、売り方としても自宅までの出張買取や宅配や郵送といった方法もありますので、査定だけでもしてみとよいです。