鉄道模型はどんなもの?

18年06月29日

レール鉄道模型とは、言わずと知れた鉄道のミニチュアになりますが、縮尺とゲージで種類があります。ゲージとはその鉄道を走らせる幅の違いのことです。鉄道模型を買ったことがある人なら、Nゲージというのは聞いたことがあると思いますが、それは、レールの間隔が9㎜で縮尺1/148~1/160の鉄度模型規格の総称です。Nゲージは英語の9、すなわちNineからきています。レールが9ミリということは、小さな家でも置くことができますので、限られたスペースで鉄道模型を堪能できます。

テーブルの上で遊べるのがTTゲージです。日本では、TTゲージは生産されなかったものの、tt-9という規格が登場し、すでにあるNゲージの線路が使用可能になり普及してきました。ほかにも、すごく小さなZゲージは、これ以上小さいものは登場しないだろうということからその名がつけられました。これは、縮尺220分の1で、気軽に持ち運べるトランクにレールやジオラマを作りこむトランクレイアウトという楽しみができました。他にも大きなGゲージなどもあります。

いずれにせよ、歴史とともに各車両の精密さも格段にアップしており、そして実際には白洲皓もできることから、多くのファンに支持されています。